結婚式場に流行りってある?結婚式の流行とともにご紹介!

素敵な式にするには式場選びが重要!

一生に一度の結婚式。せっかくですから、思い出に残る良いものにしたいですよね。特に女性には、招いた友人から「おしゃれで素敵な式だった」と言ってもらいたいという思いもあるのではないでしょうか。そんな一大イベントの結婚式ですから、式場選びにも手は抜けません。式場の流行りを時代ごとに紹介しますので、参考にしてみてください。

結婚式には時代ごとにこんな変遷が

結婚式には、時代時代で流行りがあります。1980年代はいわゆる「ハデ婚」です。バブル期の真っ最中ですから招待客をとにかく沢山呼び、ウェディングケーキの段数なども非常に多い、豪華絢爛な式が好まれました。1990年代に入りバブルが弾けると、今度は一転して「地味婚」となります。社会が全体的になんとなく後ろ向きになっていた時期です。結婚式にもなるべくお金をかけずに節約するというのが、流行りのようなものになっていました。2000年代になると、ハウスウェディングという形が生まれます。ハウスウェディングというのは、邸宅にゲストを招いて式を挙げるというものです。そして2010年代に入ってからは、和婚が注目されています。

和婚とハウスウェディングに要注目

結婚式の流行りは、そのまま式場の流行りにもつながります。現在は和婚が流行りつつありますから、和風の式場が今後は好まれるのかもしれません。また、ハウスウェディングブームもそのまま続いていて、いろいろなタイプの式場が出てきています。沢山下見して、自分たちならではのオリジナリティのある結婚式を叶えられる、素敵な式場を見つけられると良いですね。

ホテルの結婚式に特色があります。高層階で景色がよかったり、豪華な料理コースが設定されていたりなどです。名古屋の結婚式場にはそうした環境が多いのです。