ローソファってどんなもの?上手な選び方とは?

ローソファってどんなもの?

ローソファとは、低いソファーのことです。低いと言っても、背もたれが低いというわけではなく、座面が低いタイプのソファーです。ローソファーは、通常の座面が高めのソファーと比較すると購入しやすいため、若い人に人気が高いです。ローソファと言うと、通常のソファーのように種類があまりないと考えがちですが、実は種類が多くでカラーのバリエーションも豊富なものが多いです。例えばコーナータイプやセパレートタイプ、カウチタイプやリクライニングタイプなど、用途に応じて選ぶことができます。中にはテーブル付きのローソファもあります。自宅の部屋の空きスペースや、配置する場所に応じて使い勝手のよいものを選ぶのがおすすめです。

ローソファの上手な選び方は?

ローソファを選ぶ時は、主に何人で座ることが多いかを考えてみるとよいでしょう。ローソファは、1人掛け、2人掛け、3人掛けが主流ですが、1.5人掛けや2.5人掛けといった少し余裕を持って座れるタイプもあります。自宅で、どのように使用したいかをまずはイメージし、必要なサイズを決めます。座面の高さもそれぞれ異なるため、用途に応じて選ぶことができます。ローソファの座面は10cm~30cmまで種類があるため、例えば小さな子供がいる家庭の場合、低めのものを選ぶのがおすすめです。また、ローソファには部屋を広く見せる効果があります。一人暮らしのワンルームで、ソファーを置きたいけれどスペースがなくて悩んでいるという人にも適しています。

ダイニングにソファ?どういう事?お思いになるかもせれませんが、結構良いでしょう。ソファに座っての食事、結構粋でお洒落ですよ。